ボヤキカク

ラジオでいきてる着ぐるみ男子のブログ ラジオ/音楽/本/演劇/つくば/山梨/東京

カテゴリ: 音楽

image
行ってきました大塚愛さん「愛ちん」の全国ツアー東京公演!

39
会場はZepp Tokyo!
2週連続の上京?となりました。

大塚愛さんが本当に魔法使いになったような素敵な演出と、大塚愛さんの歌声。
すごく心に響いたステージでした。

僕が大塚愛さんを知ったのは、小学6年生のとき。
そのときはその時なりに、恋愛だの付き合うだのそういったことに夢中だった記憶が(笑)
それから10年経った今、改めてその時響いてた曲を聴くと、思いもよらない部分が響いたりする。面白い!

でもやっぱり大塚愛さんは基本恋愛と切り離せないんだよなー、出会ったときの印象のせいかなー。
恋愛のことを忘れてるときは、大塚愛さんのこともちょっと忘れちゃうみたいなところもあったり。

最近は、ファンクラブ入ったり、ライブ来たりと、結構大塚愛さんのことが気になる。
ということは、恋愛の方も……うん、確かにそうかもしれない。


今日ライブを観れてよかったー。
何回か、いろんな意味で、ドキッとした。

2dc46401.jpg
e026cbe4.jpg
今年も行ってまいりました!J-WAVE LIVE 2000+13!
応援しているandropやサカナクション、秦基博さんが出る初日を今回はチョイス。
いつか3日とも参戦とかしてみたいものです。

そういえば、andropを知ったのは、J-WAVEの『ROCKIN' SOUL YELLOW』というフィラー番組で『Basho』が流れていたからでした。
それもまだ僕が福岡にいたとき。
J-WAVEはドリームスエフエム(福岡県久留米市のコミュニティラジオ局)で聴いていました。
その時からJ-WAVEはandropに注目していたのか....。

そんなandropが今回のトップバッターでした。
会場の演出もすごかったんですが、『Mirror Dance』や『VOICE』などライブにぴったりの曲が多くて、かなりアゲてくれた!
andropってライブ向けの曲揃ってるなぁー。

THE BAWDIESはJ-WAVEで流れてる範囲でしか曲知らなかったんだけど、ファンも含めてテンション高い。
すげーなー。
ちょっと入り込めないところもあったけど、MCも面白かったし、ハイテンション&ハイテンポで嵐のようでした。

そして平井堅さん。
MCがおもしろいからもっとMC聞きたいと思ってしまった(笑)
またラジオ番組やってほしい。もちろん深夜で。
歌声はさすがでございます。聴き惚れた。
新しい曲も出してたんですね....あんまりチェックしてなかった。
いい曲だ。

flumpool。
J-WAVE LIVE3年目?なんですね。あんまりJ-WAVEと絡んでいる印象ない....けど、J-WAVE LIVEのラインナップってそういうところある気もする。
ライブ慣れしてるなーって印象。ライブの型みたいなのがあるんだろうなと感じた。
ファンの方多かったと思うんだけど(Tシャツ来てる人多かった)、その割にはあんまりファンの方が目立つ感じでもなく。もっと「うぉお!」って感じかと思ったけど違うんですね。

秦基博さん。
『グッバイ・アイザック』やってくれたのがかなりツボで。あの曲爽やかさと軽快さがあってすごく好きなんだよな。
秦さんのイメージ通りの曲をずらっと並べて、最後の方で毛色の違うものも出してくるという。
これから幅をどんどん広げていくつもりなのかな?

締めはサカナクション!
観客の盛り上がりがもんのすごかったですね。サカナクション目当ての人も多かったんだろうなあ。
恥ずかしいことにサカナクションライブ初めてでした。
リミックスをライブで聴くの楽しい!今回は『バッハ』とか『ネイティブダンサー』がリミックスバージョンでした。
サカナクション今後ライブ行くようにしよう。

いろんなアーティストが出るのにそれぞれのアーティストの良さが出るようにステージ演出されていて、J-WAVE LIVEすげー!ってなりました。
あと今年はステージがかっこよかった。なんだあのドームみたいな照明は。

物販はJ-WAVEタオルとJ-WAVE LIVE 2000+コンピレーションを購入。
タオルはロゴがどーんとプリントされていて(当たり前だが)感激。
コンピレーションはこれから聴きこみます!
0bfbb7b0.jpg


J-WAVE、今年もすばらしいライブをありがとうございました!

末光篤さんのライブに行ってきました!

初めてのマウントレーニアホールで、DUOのときと違いどかっと椅子に座ってゆったり観ました。
椅子がかっちりした映画館風の椅子なので、どうしてもそうなっちゃいますかね。
というか、ピアノではなく電子ピアノだったので、なんか荷重とか心配になってました。大丈夫だろうけどさ。
MCで本人も仰ってましたが、がっつり演奏中のお顔が見えるのは新鮮でしたね。

曲目は3年前の12月に渋谷で観た末光さんのライブ(Grind Piano Recital 010 "Natural Born Piano Man")に似てる気がします。古い曲もやってくれたってことですね。
『The Island March』とか『Irony』が聴けたのは感激でした!

やっぱり末光さんのライブはCD音源と結構違うことをされていて、それが面白いので、CD訊きこんでいった方が楽しいかも?
ライブでやった曲の中に最近聴いてない曲ちょこちょこあって、CD音源が懐かしくなりましたもん。

年内にアルバムリリースとのこと。
引き続き応援していきます!

(セットリストを追記に掲載しています。) 続きを読む



tommy february/heavenly 6にはあまり興味なかったのに、ラジオから流れてきて、ちょっと興奮してしまった
かわいいですね、川瀬さん

星の
無い夜も
近くにいる
Seems Like Yesterday


歌詞は別に特別なこと言ってないけど、好き。

声ももちろん好き。

YUI・大塚愛など、このバンドでの川瀬の声のフォロワーもいる。ちなみに大塚は川瀬本人としばしば遊ぶ仲である。
――Wikipedia


そりゃ大塚愛好きの僕の耳が放っておくわけなかったわけだ



あえてCMを貼ってみました
進研ゼミ高校講座・√T(東大もう受けないんだからダイレクトメール勘弁)・√KのCMソング、YUI『GLORIA』。

2010年の受験生なにはともあれを応援してくれる曲は
SUEMITSU & THE SUEMITH『(U Have) The Alternatives』←テーマ
MIKA『We Are Golden』
・絢香『夢を味方に』
・スキマスイッチ『ゴールデンタイムラバー』
・YUI『GLORIA』
の5曲
ありゃ、進研ゼミCMソングが2曲……まあいいか。

この曲もこの前のサカナクション同様、最初は特に好きになりそうでもなかったんだけど、
ユメじゃないやいやいやいやい
手が届きそうな GLORIA
たまに見えなくなって
Cryやいやいやいやい
近道を探しても同じね
また迷ってしまうでしょ?

やいやい言われたら耳に残ってしまうっちゅうねん
で、結果的に力もらってるっていうね

だから特に語るほどはまってるわけでもないんだけど。
耳に残ってしまったからかいてるだけだけど。

でも歌詞をちゃんと読むと
夢中になれなきゃウソね

今年のキーワード「夢中」出ました
やっぱり自分に沁みる歌詞に無意識のうちに掴まれてるのかなあ。


サカナクション新曲出すらしい(1月13日発売)。

まず、このPVはすごい。うわああってなった。
「アルクアラウンド」という曲名や歌詞の上に完成された映像という感じ。
すげぇ……。
曲だけラジオで聴いたときは「なんかつかみどころのない曲だなあ」と正直思ったけど、今はPVのおかげか頭の中でヘビーローテーション。

曲の方も摩訶不思議な曲調に惹かれる。
これに合わせてアジカン『新世紀のラブソング』を聴けばなんか洗脳されそう。




そして歌詞が印象に残る。
曲と合わさると異常なインパクトを持つ歌詞。

流れて 流れて 僕らは今うねりの中を泳ぎ回る
疲れを忘れて
この地で この地で 終わらせる意味を探し求め
また歩き始める
――サカナクション『アルクアラウンド』


アルクアラウンド(初回限定盤)
アルクアラウンド(初回限定盤)
クチコミを見る

訃報


フジファブリックのボーカル・ギターの志村正彦は、
12月24日に永眠致しました。
(検査の結果は病名不詳)

享年29歳でした。
謹んで皆様にお知らせ致します。
これまで志村正彦、フジファブリックを応援してくれていた方々に感謝致します。

なお、葬儀につきましては、親族と関係者で執り行う予定です。


ファンの方々へ

今回のあまりに突然の訃報に、メンバー・スタッフは動揺を隠せません。
今後の活動については未定ですが、
金澤、加藤、山内の各メンバーは、これからも音楽活動を続けていきますので、
これからも応援をよろしくお願い致します。


2009年12月25日

フジファブリック
金澤ダイスケ
加藤慎一
山内総一郎

スタッフ一同
EMI Music Japan公式サイトより


この「訃報」で信じろというのが僕には無理。。。
「本当なんだろうか」とずっと思っているし、結局1回も生でフジファブリックを観れなかった僕は、たぶん永遠に「本当なんだろうか」と思い続けて、納得できない気がする。
来年の富士急ハイランドでのイベントで初フジファブリックを観るの、楽しみにしてたのにな。



君は僕の事を 僕は君の事を どうせ忘れちゃうんだ そう悩むのであります

描いていた夢に 描いていた夢に 近づけてるのかと 日々悩むのであります

キミに会えた事は キミのいない今日も 人生でかけがえの無いものでありつづけます
――フジファブリック『クロニクル』



高中毒性のウォータリングキスミントCMソング(CMも曲も高中毒性)。
林檎さんじゃなくて事変の曲なんですね。
これヘッドホンとかでサラウンド聞かせて聞いたら洗脳くらいできちゃうんじゃないかっていう。
こういうのも好きだな。

能動的三分間
能動的三分間
クチコミを見る

Sony Musicのサイトで視聴

S&TSで2番目に好きな曲がこれ。
昨年度の体育祭で開会式の退場曲にした曲。
この曲はまず歌詞。
「夢中になって選んだ音 夢中になってかき鳴らして 夢中になって今ここで 夢中になった音になる」
迷いを振り切るような歌詞に背中を押される気分になる。
あるいは、ちょっと気持ちが緩んでいる時に、とりあえずやってみようという気になる(曲のテンションが段々上がっていくのでこれが狙いなんじゃないかなあと思う)。
夢中になったということがそれだけで意味があると感じさせてくれる。
好きな歌詞です。

余談だけど、この曲の歌詞に「もう二度と訪れない 絶頂を指すときを示す魂」という部分があって、1つ上の代の文化祭テーマが「Z超」だったから歌詞も合わせてぴったりだなあと思ったのも懐かしい話。

そしてS&TSの曲の中でトップレベルにバンドの音とピアノの音が合っていて気持ちがいいんです。
これこそS&TSっぽい!!って感じの興奮を味わったりします。

The Piano It's Me (通常盤)
The Piano It's Me (通常盤)
クチコミを見る



「Mika's next single in Japan and the US!」
動画は1ヶ月前からアップされてたんだけど、昨日気付いた(汗)
まあ受験生なので仕方ないね、こういうのも。
この曲もアルバムからのシングルカットです。

今回のPVも面白いなー。
前作『RAIN』よりはオーソドックスかな?
そうでもないか。
にしても好きです。

改めて聴くと、MIKAっぽい曲って意味でいいなー。
アルバムでは埋もれてる感を感じるからさ

全くリリース情報知らないけどnext singleなんだそうですよ。

さっき掲載した『RAIN』は昨22日に発売になったばかりだし。

↑このページのトップヘ