ボヤキカク

ラジオでいきてる着ぐるみ男子のブログ ラジオ/音楽/本/演劇/つくば/山梨/東京

去る9/22(火)、23(水)、茨城県常総市(水海道)で災害ボランティアに参加致しました。
災害ボランティアは3.11東日本大震災以来の参加、水害の被災地に入ったのは初めてでした。
ボランティアセンター運営の皆様や被災者の方が快く受け入れてくださいました。
自分の備忘録として、また、もし今後参加する方が参考になればということで、ここに記録しておこうと思います。


装備と持参品は

長袖Tシャツ、登山用レインスーツのズボン、リュックサック(中身は主に着替えと昼食)、ウエストポーチ、長靴、ゴム手袋、防塵マスク、タオル3枚ほど、ミネラルウォーター、昼食

反省点としては帽子を忘れたこと……。
もし用意できれば全身用ウエットティッシュがあると便利。1日目にボランティアセンターから頂いたのですが、服の泥汚れを落とせてありがたかったので。

ほとんどボランティアのために物を購入するという余裕がなかった為 最低限の持ち物で行きましたが、ボランティアセンターでお借りできたり、ほかの方が持ってきてくださったりしたので、問題なく作業できました。
可能ならばデッキブラシやバケツ、スコップ、箒等も持参した方がよいのかもしれませんが、作業内容は行ってみなければわからないので、自家用車で行かない限り難しいと思います。
(3.11の時は初日がれき処理担当だったのに、2日目以降避難所運営担当になり、持参したものがひたすら邪魔になった記憶が。)


どんな流れだったかというと

※守谷駅前での受け入れは23日(水)で終了。他の内容も参加した日時点の内容。

8:45ごろ、TX守谷駅着(7:00から9:00まで受付ていた)。
守谷駅前で受付票の記入とボランティア保険への加入。
その後バス(茨城交通だった)で水海道のサテライトへ移動。
サテライトでグループ分け、男女比をみて派遣先の割り当て、物品を借りる、派遣先まで徒歩移動。
22日(火)は倉庫の片付け。
水に浸かったダンボール箱から商品を出して倉庫から出せるようにする。
23日(水)は家の片付け。
ほとんどの物を処分されるということで、袋に分別して入れる。その後、家に水を流したり拭き掃除したりする。
活動は16:00まで。
その後サテライトに戻り、物品の洗浄と返却、活動報告、ボランティアセンター本部で靴や手の洗浄、守谷駅までバス移動。


作業方法・内容で感じたこととしては

拭き掃除の効率を上げるには雑巾が多数必要。同じ雑巾で拭いても泥を伸ばしているような感じになっちゃう。
臭いがキツいところもある。可能なら防臭の機能もあるマスクの方がいいかも。
事前に当該地域の普段のゴミ収集区分を知っていると楽。プラスチックは燃やさない地域だとか。
ボランティアセンターからも言われたことだけど、「言われたこと以外でも“やらなくていいのかな?”と思ったことがあれば依頼者に“やりましょうか?”と尋ねる」 依頼者が遠慮されてること、結構あるので。


ボランティアを通して感じたのは

片付けにはものすごく時間がかかると言うこと。人がたくさんいないとできないけど、いればいるほど早く終わるというものではない。(家の人の事情・体力もありますから……。)
水が流れ込んで溜まるところ、乾かないところは家の中に結構ある。勝手に乾くところばかりじゃない。
街じゅうの壁や塀の私の目線くらいのところに茶色い横線が入っていました。ここまで水が来たら、家の物がダメになってしまうのはしょうがないのかなと思ってしまいます。
地元の方に「自分はボランティアなんてしたこともなく、してもらうばかりで、ボランティアのみなさんに申し訳ない」と仰る方がいました。お気持ちはよくわかります。遠慮なくボランティアを使って早く片付けを終わらせて落ち着いた生活に戻って頂くことができれば、と思います。
ボランティアの派遣を受けている人や、ボランティアに行けない人が引け目を感じるようなことはおかしいし、それぞれの人ができることをやっていくというのが、疲弊を最小限に長期にわたる復旧復興を実現するために必要だと思います。

被災された方、被災地域を心配&応援しております。
私も、引き続き、できる限りのことをできればと思います。

桜の名所、山梨県内もいろいろありますが
用事があって行くという方に付いていけたので身延山に行ってきました。
残念ながら散りかけ、少し葉桜という状況。
そして天候も雨空....。
写真もいまいちという感じが否めませんが、木はやはり立派です。
08
53
41
今年は天候のおかげで咲くのも散るのも早かったということですが、
例年は標高が高いこともありこの時期に来るのが正解だそうでございます。

ちなみに、身延山にふもとからシャトルバスで登ると、研修中のお坊さんに由緒などを説明してもらえました。

56
気になったのは参道のお店のレジ。
猫乗っけたままレジ打ってる.....。
親父さん曰く「打ちにくいんだよね」
そりゃあそうだ。

この週末は
「都内で芝居を観た後に山梨に帰れなくなり、つくばに向うも実は終電が終わっており、南流山のファミレス一泊
という無計画にもほどがある週末でした。

翌朝、携帯電話が充電切れとなり何も調べられなくなったため
「とりあえず上野が面白いんじゃないか」
と上野に行ってみました!

上野=何かやってる、というイメージは、幼少時から国立科学博物館に通いすぎてしまったことが原因と思われます。


auショップに携帯電話を預けて充電してもらい、アメ横へ。
アメ横は、秋葉原と比べると「無難なものが安く売ってる」イメージ。
かっぱ橋や秋葉原ではないので、「なんじゃこりゃあ!」なものと出会う可能性はあんまりない。
なので、靴とかランニングウェアなどを物色して、安いだの高いだの思いながら回ってきました。

飯は、結構繁盛していた麻辣麺を食べたけど、ほかの食べ物もケバブや海鮮丼など至極まっとうな物が売られているので、「無難」なものを安めに食べれます。
麻辣麺は中国人の人も結構食べてたので、本場の味なのかも?


そしてやってきました上野公園!

27
桜は咲き始めたばかり。
36
でも、もうお花見をしている人はいた。
僕はお花見とか外飲みといった非効率な文化が大好きなのに(もちろんお酒は必須)、
回数としては数えられるほどしかやったことがないなぁ、そういえば。
大学にもう1度入るなら、花見サークルやりたいですね。
花見しかやらないから活動期間短いけどね。


で、
博物館や美術館の展覧会にはイマイチ私のアンテナにビビッとくるものが正直なく、
それならばと
53
上野動物園。ひとりで。


一人で動物園行くってどうなんだろうと私も正直思いましたよ。


でも、ひとりならひとりなりに
07
絶対デートやグループで行ったら借りなさそうなガイド端末を借りたりして。
57
「特典映像」観ちゃったりして、アイアイの生態やオカピの足について詳しくなる活動をしていました。それにしても「特典映像」ってすごいっすな。どういう映像なのかは秘密です。想像を膨らませてください。ふふふ。
40
このガイド端末を借りれば、「このサイのしっぽはお母さんに舐められすぎたため毛が生えていない」というサイにとってはスーパープライベートな情報も知ることができます。人間だったら週刊誌ネタです。


そして、上野動物園がなぜか推していたのが
02
01

「生ビール」
全く上野動物園でビールを飲む流れが思いつきません。
デートで動物園来てビール....?ないな....。
家族で動物園来てお父さんがビール....?お母さんに怒られそうです....。
でもひとりだもんねー!
ひとりなら関係ないもんねー!
ちなみに私はこういう光景で飲んでました。
14

題「一緒に飲んでたら酔い潰れてしまったライオンの図」(ちょっと無理ある)


どうですか~!
上野動物園も一人で行かなければできないような楽しみ方があるのです!
他にも「フクロウがこちらを向くまで小一時間待つ」とか「他のカンガルーが昼寝する中飛び回るカンガルーに心の中でアテレコする」などなど枚挙にいとまがありません!!
27
意外にやる気のないカンガルーたち。
29
ペンギンはやる気ないんじゃなくて、うつぶせになって何かから隠れているんじゃないだろうか。


大人入園料600円。
ぜひお時間と心の余裕があるときにお出かけになってはいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ